コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薬害肝炎問題と救済策

1件 の用語解説(薬害肝炎問題と救済策の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

薬害肝炎問題と救済策

ウイルス型肝炎の大半は汚染された輸血、血液製剤を出産や手術時の止血に使われるなどして、感染したとされる。慢性肝炎から肝硬変、肝がんに進行する危険性が高い。各地裁で患者側の勝訴が相次ぎ、08年1月に救済法が成立したが、患者や遺族が給付金を受けるには、投薬を証明するカルテなどを付けて裁判所に提訴する必要がある。350万人いるとされるB型とC型患者のほとんどが救済枠から外れている。

(2009-09-23 朝日新聞 朝刊 茨城 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

薬害肝炎問題と救済策の関連キーワード血清肝炎A型肝炎ウイルス性肝炎HAVHBVHCVB型肝炎ウイルスC型肝炎の患者・感染者薬害C型肝炎問題ウイルス性肝炎と救済法

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone