薬師寺 主計(読み)ヤクシジ カズエ

20世紀日本人名事典「薬師寺 主計」の解説

薬師寺 主計
ヤクシジ カズエ

大正・昭和期の建築家 倉敷絹機常務。



生年
明治17(1884)年10月20日

没年
昭和40(1965)年3月11日

出生地
岡山県賀陽郡刑部村(現・総社市)

別名
号=朱圭

学歴〔年〕
東京帝国大学工科大学建築科〔明治42年〕卒

経歴
河合浩蔵の建築事務所に勤務。中央工学校講師・陸軍省技師などを経て、大正6年陸軍経理学校教官となり、10年に渡欧して飛行機格納庫建築の調査に従事した。12年に帰国、同年9月の関東大震災に際しては陸軍省震災善後委員会委員として帝都復興尽力。この間、東京にやくも会(薬師寺建築事務所)を開設し、倉紡中央病院・第一合同銀行本店などのデザインを担当。これを機に実業家大原孫三郎の知遇を得、15年中将を最後に陸軍省を退職ののち大原の経営する倉敷絹機に入社、常務や倉敷工場長などを務めた。昭和11年に退社。その後、政治家を志し、17年翼賛壮年団の後援を受けて総選挙に出馬するが、敢えなく落選絵画や和歌・俳句など幅広い趣味の人であった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android