薬採・薬取(読み)くすりとり

精選版 日本国語大辞典「薬採・薬取」の解説

くすり‐とり【薬採・薬取】

〘名〙
薬物薬草を採集すること。また、その人。
書紀(720)欽明一五年二月(北野本南北朝期訓)「医(くすし)の博士奈率王有陀、採薬師(クスリトリ)施徳潘量豊、固徳丁有陀」
② 医師のところへ薬をもらいに行くこと。また、その人。
言経卿記‐天正一九年(1591)五月八日「三郎右衛門尉むすめ猶薬取に来
※雑俳・柳多留‐(1765)「寝て居るは第一番の薬取」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android