コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薬煉・天鼠矢 くすね

大辞林 第三版の解説

くすね【薬煉・天鼠矢】

〔「くすりねり」の転〕
松脂まつやにに油を加え、熱して練ったもの。補強のために弓弦などに塗る。 「さらば-に練つてねりとめておきまらせう/狂言・松脂」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報