コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藍閃変成作用 らんせんへんせいさよう

大辞林 第三版の解説

らんせんへんせいさよう【藍閃変成作用】

藍閃石片岩を生ずる高圧・低温型の広域変成作用。神居古潭かむいこたん変成帯・三郡変成帯などがこれにあたる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

藍閃変成作用の関連キーワード広域変成作用三郡変成帯藍閃石片岩

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android