コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原兼房(2) ふじわらの かねふさ

1件 の用語解説(藤原兼房(2)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原兼房(2) ふじわらの-かねふさ

1153-1217 平安後期-鎌倉時代の公卿(くぎょう)。
仁平(にんびょう)3年生まれ。藤原忠通(ただみち)の子。母は藤原仲光の娘加賀。永万2年(1166)従三位。内大臣をへて太政大臣となり,従一位にいたる。正治(しょうじ)元年(1199)出家した。兄九条兼実に「才なく,功績もなし」と評されている。建保(けんぽ)5年2月8日死去。65歳。法名は定真。号は禅林寺,高野。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

藤原兼房(2)の関連キーワードエウゲニウスエウゲニウス院内学級江家文庫身延山アルコバーサ阿野全成池禅尼覚法法親王平忠正

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone