コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原定子(1) ふじわらの ていし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原定子(1) ふじわらの-ていし

976-1001* 平安時代中期,一条天皇の皇后。
貞元(じょうげん)元年生まれ。藤原道隆の娘。母は高階貴子(たかしなの-きし)。永祚(えいそ)2年(990)入内(じゅだい),同年中宮(ちゅうぐう)となる。その後宮には清少納言ら才女があつまった。父の没後は藤原道長政権のもとで圧迫され,長保2年藤原彰子が中宮となったため皇后にうつる。脩子内親王,敦康(あつやす)親王を生み媄子(びし)内親王を出産した翌日の長保2年12月16日産後の病で死去。25歳。歌が「後拾遺和歌集」以下の勅撰集に数首はいっている。名は「さだこ」ともよむ。
【格言など】夜もすがら契りしことを忘れずは恋ひむ涙の色ぞゆかしき(「後拾遺和歌集」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

藤原定子(1)の関連キーワード貞元イシュトワーン1世(聖王)コンピュータにおける数値の表現趙匡胤太宗(宋)ヨハネス[1世]趙匡胤太祖[宋]ハカム2世バーベンベルク朝

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android