コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原定子(1) ふじわらの ていし

1件 の用語解説(藤原定子(1)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原定子(1) ふじわらの-ていし

976-1001* 平安時代中期,一条天皇の皇后。
貞元(じょうげん)元年生まれ。藤原道隆の娘。母は高階貴子(たかしなの-きし)。永祚(えいそ)2年(990)入内(じゅだい),同年中宮(ちゅうぐう)となる。その後宮には清少納言ら才女があつまった。父の没後は藤原道長政権のもとで圧迫され,長保2年藤原彰子が中宮となったため皇后にうつる。脩子内親王,敦康(あつやす)親王を生み媄子(びし)内親王を出産した翌日の長保2年12月16日産後の病で死去。25歳。歌が「後拾遺和歌集」以下の勅撰集に数首はいっている。名は「さだこ」ともよむ。
【格言など】夜もすがら契りしことを忘れずは恋ひむ涙の色ぞゆかしき(「後拾遺和歌集」)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

藤原定子(1)の関連キーワード貞元太宗(宋)趙匡胤貞元天延趙匡胤琵琶湖国定公園三条天皇藤原倫寧侯翼

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone