コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原尊子(2) ふじわらの そんし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原尊子(2) ふじわらの-そんし

?-? 平安時代中期の女性。
藤原道長の娘。母は源明子。源師房(もろふさ)の妻となり,俊房,顕房(あきふさ),麗子を生む。承保(じょうほう)4年(1077)病により出家。姉妹のなかでただひとり臣下にとついだが,子にめぐまれ,八十余の長命をたもった。「御堂関白記」などでは名を隆子としている。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

藤原尊子(2)の関連キーワード藤原道長

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android