藤原為信(2)(読み)ふじわらの ためのぶ

  • 藤原為信(2) ふじわらの-ためのぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1248-? 鎌倉時代の公卿(くぎょう),画家。
宝治(ほうじ)2年2月生まれ。藤原伊信(これのぶ)の子。曾祖父藤原信実(のぶざね)以来の似絵(にせえ)画家系譜につらなり,子に藤原豪信(ごうしん)がいる。作品に御物「天子摂関御影(みえい)」,「賀茂祭草子」(模本)など。刑部卿となり,嘉元(かげん)2年(1304)従三位。4年出家。号は法性寺。法名は寂融。家集に「為信集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android