藤原親実(2)(読み)ふじわらの ちかざね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原親実(2) ふじわらの-ちかざね

?-? 鎌倉時代の幕府官僚。
周防(すおう)守護をへて文暦(ぶんりゃく)2年(1235)安芸(あき)守護となり,厳島(いつくしま)神社神主もつとめて神社再建にたずさわる。このころ70歳をこえていた。のち周防守護にもどり建長3年(1251)まで在職

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android