コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原親家(2) ふじわらの ちかいえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原親家(2) ふじわらの-ちかいえ

?-? 鎌倉時代の公家。
加賀守(かみ)藤原親任(ちかとう)の子。内蔵権頭(くらのごんのかみ),木工(もくの)権頭などを歴任。建長4年(1252)6代将軍宗尊(むねたか)親王の鎌倉行きに随行。文永3年親王に謀反の疑いがかかったときは密使としてはたらき,親王とともに京都にもどった。従四位下。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

藤原親家(2)の関連キーワード鎌倉時代公家

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android