コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原長房(1) ふじわらの ながふさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原長房(1) ふじわらの-ながふさ

1030-1099 平安時代中期-後期の公卿(くぎょう)。
長元3年生まれ。藤原経輔の次男。母は日野資業(すけなり)の娘。正三位,参議。大宰大弐(だざいのだいに)をかねて赴任したが,嘉保(かほう)元年(1094)彦山(ひこさん)衆徒の蜂起(ほうき)で都ににげかえり,世人に半大弐とわらわれた。「後拾遺和歌集」以下の勅撰集に6首がはいっている。康和元年9月9日死去。70歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

藤原長房(1)の関連キーワード康和ウルバヌスウルバヌスウルバヌス2世パスカリス2世B判マフムードマフムードマハムード・ガズナヴィー新・栃木市

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android