藤原隆親(2)(読み)ふじわらの たかちか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原隆親(2) ふじわらの-たかちか

?-? 平安後期-鎌倉時代の画家。
藤原隆能(たかよし)の子。従五位下。備前守(かみ),伊予守をへて中務少輔。治承(じしょう)2年(1178)勅により釈迦(しゃか)三尊像をえがいたという記録がある。初名は隆成。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アラビックヤマト

ヤマト株式会社の液状のりのブランド名。1975年発売。スポンジキャップと速乾性が特徴。スタンダードのほか、先がカーブしている「エル」、太・細塗りが出来る「ツイン」、スポンジ部分を下にして置ける「さかだ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android