コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原高子(1) ふじわらの こうし

1件 の用語解説(藤原高子(1)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原高子(1) ふじわらの-こうし

842-910 平安時代前期,清和天皇の女御(にょうご)。
承和(じょうわ)9年生まれ。藤原長良(ながら)の娘。母は藤原総継(ふさつぐ)の娘,乙春。陽成(ようぜい)天皇,貞保(さだやす)親王,敦子内親王を生む。陽成即位で皇太夫人,皇太后となるが,寛平(かんぴょう)8年(896)密通をうたがわれ廃后。延喜(えんぎ)10年3月24日死去。69歳。のち皇太后に復された。二条后(きさき)とよばれ,入内(じゅだい)前の在原業平(なりひら)との悲恋が有名。名は「たかいこ」ともよむ。
【格言など】雪のうちに春は来にけり鶯のこほれる涙いまやとくらむ(「古今和歌集」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

藤原高子(1)の関連キーワード敦子内親王在原文子五百木部全成王氏(1)兼子女王貞元親王平寛子忠子女王(1)源暄子嘉子女王