コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原高子(1) ふじわらの こうし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原高子(1) ふじわらの-こうし

842-910 平安時代前期,清和天皇の女御(にょうご)。
承和(じょうわ)9年生まれ。藤原長良(ながら)の娘。母は藤原総継(ふさつぐ)の娘,乙春。陽成(ようぜい)天皇,貞保(さだやす)親王,敦子内親王を生む。陽成即位で皇太夫人,皇太后となるが,寛平(かんぴょう)8年(896)密通をうたがわれ廃后。延喜(えんぎ)10年3月24日死去。69歳。のち皇太后に復された。二条后(きさき)とよばれ,入内(じゅだい)前の在原業平(なりひら)との悲恋が有名。名は「たかいこ」ともよむ。
【格言など】雪のうちに春は来にけり鶯のこほれる涙いまやとくらむ(「古今和歌集」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

藤原高子(1)の関連キーワード大相撲アルフォンソ[3世]アルフォンソ3世[アストゥリアス王]クリュニー修道院改革運動藤原高子藤原高子アストゥリアス王国鄭谷藤原高子阿保親王

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android