コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤堂高虎(1556~1630)

1件 の用語解説(藤堂高虎(1556~1630)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

藤堂高虎(1556~1630)

慶長13(1608)年、津城と伊賀上野城主となり、津の街の原型を作ったとされる。街づくりや築城の名手で、城は江戸城や丹波篠山城など、設計を含めて20件以上にかかわるなど、加藤清正黒田官兵衛とともに戦国の三大築城家の一人として知られる。

(2008-10-18 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤堂高虎(1556~1630)の関連キーワード大野城土芳唐津城伊賀上野伊賀越の仇討ち田中善助藤堂元甫服部竹塢桃ケ谷国仲渡辺数馬

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone