藤島 武二(読み)フジシマ タケジ

20世紀日本人名事典の解説

藤島 武二
フジシマ タケジ

明治〜昭和期の洋画家



生年
慶応3年9月18日(1867年)

没年
昭和18(1943)年3月19日

出生地
薩摩国鹿児島(鹿児島県鹿児島市池之上町)

別名
号=芳洲,玉堂

主な受賞名〔年〕
文化勲章(第1回)〔昭和12年〕

経歴
明治17年上京。翌18年川端玉章に入門、日本画を学ぶが、23年曽山幸彦らにつき、洋画に転じる。29年黒田清輝の推薦によって東京美術学校助教授に抜擢され、また白馬会会員となる。38年文部省留学生としてフランス・イタリアへ渡り、43年帰国して教授に就任。45年本郷洋画研究所を設立。以降、剛直な筆致による明るい色調の作風を展開、官展系の指導的画家となる。大正8年帝展審査員、13年帝国美術院会員、昭和9年帝室技芸員、12年第1回文化勲章受章。代表作に「天平の面影」「蝶」「チョチャラ」「黒扇」「芳恵」「大王岬に打ち寄せる怒涛」「東海旭光」「耕到天」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

藤島 武二 (ふじしま たけじ)

生年月日:1867年9月18日
明治時代-昭和時代の洋画家。東京美術学校教授
1943年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

藤島 武二の関連情報