藤川八蔵(初代)(読み)ふじかわ はちぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤川八蔵(初代) ふじかわ-はちぞう

1730-1778* 江戸時代中期の歌舞伎役者。
享保(きょうほう)15年生まれ。藤川平九郎の子。宝暦2年大坂三桝大五郎座に敵役として出演。のち実悪をへて立役(たちやく)に転じ,初代中山文七と「双蝶々曲輪(ふたつちょうちょうくるわ)日記」で共演,大当たりをとった。明和3年角の芝居の座頭(ざがしら)となる。安永6年12月29日死去。48歳。前名は藤川八太郎(初代)。俳名は八甫。屋号は大坂屋

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android