藤川友吉(3代)(読み)ふじかわ ともきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤川友吉(3代) ふじかわ-ともきち

?-1872? 江戸時代後期の歌舞伎役者。
2代藤川友吉の子。子役として大坂の舞台にたち,娘方をへて若女方となる。江戸市村座にでて好評を博し,大坂にかえり嘉永(かえい)5年3代を襲名世話物にすぐれ,若女方の大立者として重きをなした。明治5年?死去。初名は藤川勝三郎。前名は3代藤川花友。後名は荻野扇女。俳名は花友,扇女。屋号は江戸屋。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android