コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤本善右衛門(1) ふじもと ぜんえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤本善右衛門(1) ふじもと-ぜんえもん

1773-1822 江戸時代後期の養蚕家。
安永2年生まれ。信濃(しなの)(長野県)小県(ちいさがた)郡上塩尻村の豪農。文化5年有志とはかり上野(こうずけ)(群馬県)から高山要七をまねいて糸挽(ひ)きの技術をひろめた。埴科(はにしな)郡新地村に糸市をひらくが,上田市場の反対で閉鎖。かわって松代(まつしろ)に糸市を開設した。文政5年3月26日死去。50歳。名は昌信(まさのぶ)。著作に『蚕かひの学』。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

藤本善右衛門(1)の関連キーワードモーツァルトグアテマラゲーテ宇田川榕菴ラングスドルフ秋田蘭画シャンソン(フランスのポピュラー・ソング)ティーク杉田玄白鶴岡一人

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone