コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤林綱久

1件 の用語解説(藤林綱久の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

藤林綱久

江戸初期の武士・医者。号は道寿、源七郎と称す。徳川家康に取り立てられ、関ヶ原の戦いと大坂に陣に参陣した。のち今大路道三に就いて医学を学び、秀忠、家光に仕えた。京都の薬園の支配を任され、京都に移り住んだ。万治元年(1658)歿、86才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤林綱久の関連キーワード見性院道寿尼徳大寺実維半井古仙牧興相伯庵河内屋源七金春源七郎金春喜家富田氏紹長沢道寿

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone