コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤橋[村] ふじはし

世界大百科事典 第2版の解説

ふじはし【藤橋[村]】

岐阜県西部,揖斐(いび)郡の村。人口507(1995)。揖斐川上流の山村で,四方を権現山天狗山など標高1000m級の山々に囲まれる。集落は揖斐川沿いに点在し,中心は横山。農業は自給程度で,シイタケミョウガなどの生産がある。県下最多雨地であり,明治末期から発電所建設が進められた。1964年に完成した多目的の横山ダムは,諸集落の水没によって過疎化を促すことにもなったが,横山発電所(出力7万kW)の発電のほか,洪水調節と水の供給に重要な役割を果たしている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android