藤沢 友吉(読み)フジサワ トモキチ

20世紀日本人名事典の解説

藤沢 友吉
フジサワ トモキチ

昭和期の実業家 元・藤沢薬品工業社長。



生年
明治28(1895)年7月28日

没年
昭和47(1972)年9月18日

出生地
大阪

旧姓(旧名)
中田

別名
前名=友之助

学歴〔年〕
北野中学校〔大正2年〕卒

経歴
藤沢家の養子となり友吉を襲名。大正2年藤沢商店ニューヨーク出張所駐在、昭和5年株式会社改組とともに取締役、7年社長。18年藤沢薬品工業株式会社と改称。戦後スイスのガイギー社からイルガピリンを導入、30年以後チオクタン、ノイビタなど大衆保健薬分野を開拓、発売した。42年会長。他に日本樟脳取締役、医薬資源研究所理事長、関西経済連合会、日本製薬団体連合会各理事、日本薬剤師会相談役なども務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android