藤沢 武夫(読み)フジサワ タケオ

20世紀日本人名事典の解説

藤沢 武夫
フジサワ タケオ

昭和期の実業家 本田技研工業最高顧問。



生年
明治43(1910)年11月10日

没年
昭和63(1988)年12月30日

出生地
東京

学歴〔年〕
京華中〔昭和3年〕卒

主な受賞名〔年〕
藍綬褒章〔昭和52年〕

経歴
丸二製鋼所を経て、昭和14年日本機工研究所を創立。24年本田技研工業常務となり、専務、副社長を経て、48年取締役最高顧問に就任。創業直後から本田宗一郎女房役として、経営面をすべて切り回し、本田技研の発展に大きく貢献した。58年最高顧問。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

藤沢 武夫の関連情報