藤沼 栄四郎(読み)フジヌマ エイシロウ

20世紀日本人名事典の解説

大正・昭和期の労働運動家



生年
明治14(1881)年8月21日

没年
昭和27(1952)年1月26日

出生地
栃木県下都賀郡栃木町(現・栃木市)

別名
通称=藤沼 瞭一

学歴〔年〕
小学卒業

経歴
農業手伝い、米穀商などを経て北海道に渡り、土工、人夫などをする。大正3年頃から日鋼室蘭製作所の鋳造工として労働運動に参加し、4年友愛会に加盟。のち茨城県で活躍し、11年南葛労働会結成。14年評議会の結成にあたり関東地方評議会常任委員となって、昭和2年共産党に入党。3年の3.15事件で検挙され、4年の4.16事件でも検挙される。その間、解放運動犠牲者救援会を結成。敗戦後も救援会の再建に参加した。22年共産党中央常任委員。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android