コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤田嗣治(1886~1968)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

藤田嗣治(1886~1968)

東京生まれ。東京美術学校(現・東京芸術大学)西洋画科を卒業後、1913年に渡仏。パリ派と呼ばれ、モディリアニらとともに活躍。独自の「乳白色の肌」と呼ばれた裸婦像などで画風を確立し、高く評価された。20年代末からは大画面にも挑戦。戦後にフランス国籍を取得し、レオナール・フジタと名乗る。フランスで、最も知られる日本人画家。68年、スイスで死去。

(2013-11-05 朝日新聞 朝刊 秋田全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

藤田嗣治(1886~1968)の関連キーワード藤田嗣治(ふじたつぐじ)銀座カフェーパウリスタライブラリーガレットエコール・ド・パリサロン・ドートンヌ埼玉県立近代美術館レジオンドヌールポルティナーリ山梨県立美術館平野政吉美術館下関市立美術館名古屋市美術館エコールドパリ秋田県立美術館海老原喜之助伊坂 芳太良目黒区美術館甲子園ホテルスーティン長谷川 仁

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

藤田嗣治(1886~1968)の関連情報