藤田 元春(読み)フジタ モトハル

  • 藤田 元春 (ふじた もとはる)

20世紀日本人名事典の解説

大正・昭和期の歴史地理学者 元・山梨大学教授。



生年
明治12(1879)年2月4日

没年
昭和33(1958)年4月13日

出生地
京都府桑田郡鶴ケ丘村(現・美山町)

学歴〔年〕
京都師範〔明治33年〕卒,京都帝大文科大学史学科〔大正9年〕卒

学位〔年〕
文学博士(京都大学)〔昭和22年〕

経歴
小学校訓導、中学地理教員資格を得て中学教諭。大正9年京都帝大助手、14年第三高等学校教授兼大阪高校教授。昭和18年退官。25年山梨大学講師、30年教授、31年退官。また立命館大教授も務めた。小川琢治内藤湖南師事、歴史地理学の新分野を開拓した。著書に「日本地理学史」「日本民家史」「平安京変遷史」「尺度綜考」「上代日支交通史の研究」「日支交通の研究 中・近世篇」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1879年2月4日
大正時代;昭和時代の歴史地理学者。山梨大学教授;立命館大学教授
1958年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android