藤蔭 絃枝(読み)フジカゲ イトエ

20世紀日本人名事典の解説

藤蔭 絃枝
フジカゲ イトエ

昭和期の日本舞踊家(藤蔭流)



生年
明治40(1907)年6月9日

没年
昭和50(1975)年8月8日

出生地
香川県丸亀市

本名
沖 カツ子

経歴
福岡で藤間流の舞踊を習い、上京後の昭和5年藤間静枝(1代目藤蔭静枝、のち静樹)に入門、8年藤蔭絃枝を許された。藤蔭会に出演を続け、11年「藤蔭絃枝舞踊作品第1回発表会」を開いた。以来藤蔭会を主宰。22年2代目静枝を襲名の時、藤蔭流評議員。1代目静枝死去の41年、理事長制となり、藤蔭流理事長となった。日本舞踊協会参与。作品に「横笛幻想曲」「香焰」「伝授山姥」「神歌と泉石」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

藤蔭 絃枝
フジカゲ イトエ


職業
日本舞踊家(藤蔭流)

本名
沖 カツ子

生年月日
明治40年 6月9日

出生地
香川県 丸亀市

経歴
福岡で藤間流の舞踊を習い、上京後の昭和5年藤間静枝(初代藤蔭静枝、のち静樹)に入門、8年藤蔭絃枝を許された。藤蔭会に出演を続け、11年「藤蔭絃枝舞踊作品第1回発表会」を開いた。以来藤蔭会を主宰。22年2代目静枝を襲名の時、藤蔭流評議員。初代静枝死去の41年、理事長制となり、藤蔭流理事長となった。日本舞踊協会参与。作品に「横笛幻想曲」「香焔」「伝授山姥」「神歌と泉石」などがある。

没年月日
昭和50年 8月8日 (1975年)

家族
夫=沖 不可止(チェロ奏者)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

藤蔭 絃枝 (ふじかげ いとえ)

生年月日:1907年6月9日
昭和時代の日本舞踊家。藤蔭流理事長;日本舞踊協会参与
1975年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android