コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藪入り・薮入り やぶいり

大辞林 第三版の解説

やぶいり【藪入り・薮入り】

〔草深い土地へ帰る意〕
正月および盆の16日に、奉公人が暇をもらって親元または請うけ人の家へ帰ること。また、その日。宿入り。宿下がり。 [季] 新年。 《 -や琴かき鳴らす親の前 /太祇 》 → のちの藪入やぶい

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android