コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藪手毬・薮手毬 やぶでまり

大辞林 第三版の解説

やぶでまり【藪手毬・薮手毬】

スイカズラ科の落葉低木。山野に生え、庭木ともされる。葉は対生し、広卵形で鋭い鋸歯がある。晩春、短枝の先に散房花序を出し、多数の白色の小花をつけ、周囲に白色の大きな装飾花がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

藪手毬・薮手毬の関連キーワードスイカズラ科散房花序広卵形庭木山野白色短枝晩春

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android