コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

虎関師練(読み)こかん しれん

美術人名辞典の解説

虎関師練

鎌倉後期・南北朝時代臨済宗の僧。東福寺・南禅寺住持。京都の人。通称を海蔵和尚、勅賜号を本覚国師。聖一派東山湛照の法嗣儒学・密教など広汎な知識を有し、また一山一寧の感化を強く受け、日本最初の仏教史書『元亨釈書』を完成させた。中厳円月・義堂周信などに大きな影響を与え、五山文学先駆となった。貞和2年(1346)寂、69才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android