虎頭要塞攻防戦

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

虎頭要塞攻防戦

関東軍が旧満州国の国境沿いに15カ所前後建設した「国境要塞」のうち最大級だった虎頭要塞では、45年8月8日の旧ソ連の宣戦布告後も徹底抗戦を続けた。日本の無条件降伏を知らせに来たソ連側の軍使も斬殺し、戦闘は8月26日まで続いた。約8キロ四方に1万2千人を収容可能な深さ数十メートルのトンネルが縦横に掘られていたが、守備隊は旧ソ連軍に圧倒された。生き埋めが多く、生存者は53人とされる。今も多数の人骨が放置されている。

(2007-08-15 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android