コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

虚偽有印公文書作成罪と有印公文書偽造罪

1件 の用語解説(虚偽有印公文書作成罪と有印公文書偽造罪の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

虚偽有印公文書作成罪と有印公文書偽造罪

公務員が自らの権限で作成する公文書にうその内容を記載したり、書き換えたりすると虚偽有印公文書作成罪が成立する。これに対し、公務員であっても作成権限がない公文書を作った場合は有印公文書偽造罪が適用される。法定刑はいずれも1年以上10年以下の懲役。

(2010-10-06 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

虚偽有印公文書作成罪と有印公文書偽造罪の関連キーワード公正証書公務員文書偽造罪公文書公務所虚偽公文書作成罪虚偽公文書作成等罪公文書偽造等罪職権濫用虚偽文書と偽造文書

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone