虫の垂れ衣・帔(読み)むしのたれぎぬ

大辞林 第三版の解説

むしのたれぎぬ【虫の垂れ衣・帔】

平安から鎌倉時代にかけて、婦人が外出の際、市女笠いちめがさの周囲に垂らした薄い苧からむしの布。むし。むしたれ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android