コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

虫の垂れ衣・帔 むしのたれぎぬ

大辞林 第三版の解説

むしのたれぎぬ【虫の垂れ衣・帔】

平安から鎌倉時代にかけて、婦人が外出の際、市女笠いちめがさの周囲に垂らした薄い苧からむしの布。むし。むしたれ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

虫の垂れ衣・帔の関連キーワード鎌倉時代むし

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android