コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蛇籠・蛇篭 じゃかご

大辞林 第三版の解説

じゃかご【蛇籠・蛇篭】

〔形が大蛇に似ているのでいう〕 鉄線・竹などを円筒形に粗く編み、その中へ砕石などをつめたもの。河川工事で、護岸や水流制御などのために使用する。石籠。じゃこ。
歌舞伎の「だんまり」で、数人がそれぞれ前の人の腰に右手を当て、引きとめるようにして一列に並ぶ所作。

じゃこ【蛇籠・蛇篭】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

蛇籠・蛇篭の関連キーワードだんまり河川工事歌舞伎石籠蛇籠数人所作護岸大蛇鉄線砕石

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android