蛍光管と環境

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

蛍光管と環境

蛍光管は、同じ明るさの電球と比べて消費電力が4分の1で、地球温暖化防止の観点から電球より望ましいといわれる。最近は、パソコンやテレビなどの液晶ディスプレー用の蛍光管需要も急増している。EU(欧州連合)の場合は、今年7月以降製造される電子電気機器に水銀などの有害物質が使えなくなるが、蛍光管については、使用量に上限を設け例外的に扱っている。

(2006-01-24 朝日新聞 朝刊 生活1)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android