コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蛍袋・山小菜 ほたるぶくろ

大辞林 第三版の解説

ほたるぶくろ【蛍袋・山小菜】

キキョウ科の多年草。山野に生える。全体に粗毛がある。高さ約50センチメートル。葉は長卵形。初夏、葉腋や枝頂に淡紅紫色または白色で紫斑のある鐘状花を下向きにつける。釣鐘草。 [季] 夏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

蛍袋・山小菜の関連キーワードキキョウ科多年草鐘状花釣鐘草白色山野紫斑葉腋粗毛

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android