コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蛙股・蟇股・蟆股 かえるまた

大辞林 第三版の解説

かえるまた【蛙股・蟇股・蟆股】

〔蛙がまたを広げたような形から〕
(「蟇股」と書く)社寺建築などで、頭貫かしらぬきまたは梁はりの上、桁との間に置かれる山形の部材。本来は上部構造の重みを支えるもの。のちには単に装飾として、さまざまに彫刻して破風などにつけられた。厚い板でできた板蟇股と中を透かした本蟇股とがある。
かんざしで、足が蛙のまたを広げた形になったもの。
網地の結節の一。結び目が締まり、ずれにくいため、刺し網類に用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

蛙股・蟇股・蟆股の関連キーワード上部構造かんざし社寺建築結び目板蟇股本蟇股部材破風頭貫結節

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android