蜀黍・唐黍(読み)もろこし

精選版 日本国語大辞典「蜀黍・唐黍」の解説

もろ‐こし【蜀黍・唐黍】

〘名〙
① (もろこし(唐土)より渡来したところから) イネ科の一年草。アフリカ原産で、日本へは中国を経て渡来し、広く栽培されている。高さ一・五~三メートル。稈(かん)の節に短毛を生じる。葉は線状披針形、長さ約六〇センチメートル。夏、梢頭に長さ二〇~三〇センチメートルの円錐状の花穂をたてる。小穂は卵形で赤褐色。子実は白・赤褐色・黒色など。「もち」と「うるち」の別があり、子実を粉末にして餠や団子をつくる。漢名、蜀黍。たかきび。もろこしきび。とうきび。《季・秋》 〔物類称呼(1775)〕 〔日本植物名彙(1884)〕
② 「もろこしもち(蜀黍餠)」の略。〔女重宝記(元祿五年)(1692)〕
※雑俳・川柳評万句合‐明和元(1764)天二「百旦那もろこしをむくごとくなり」
[補注]①の別名トウキビ(唐黍)もモロコシ同様中国から伝来したことによる名。日本に古くからあったキビ(黍)に対して、背が高いところからタカキビとも言う。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android