蜂窩・蜂窠(読み)ほうか

精選版 日本国語大辞典「蜂窩・蜂窠」の解説

ほう‐か ‥クヮ【蜂窩・蜂窠】

〘名〙
① 蜂の巣。蜂房。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉四「吾の心は蜂窠(〈注〉ハチノス)に似たり」 〔魏志‐管輅伝〕
② ①に似た形のたとえ。小さな孔が無数に開いているもの、小さな家が群集している所など。
※東京新繁昌記(1874‐76)〈服部誠一〉二「他街も亦層楼大廈有りと雖も或は蝸廬を挟み、或は蜂窠に隣し、概ね屋頭斉しからず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android