コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蜘蛛女のキス クモオンナノキス

デジタル大辞泉の解説

くもおんなのキス〔くもをんなの‐〕【蜘蛛女のキス】

《原題、〈スペイン〉El beso de la mujer arañaプイグの小説。1976年刊。ブエノスアイレスの監獄に収容された同性愛者の中年男と革命家の青年が、映画のストーリーを語りあいながら愛と信頼を深めていく姿を描く。1985年、エクトール=バベンコ監督により映画化。1992年にはブロードウエーでミュージカル化された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

蜘蛛女のキス

1992年初演のミュージカル。原題《Kiss of The Spider Woman》。脚本:テレンス・マクナリー、作詞:フレッド・エッブ、作曲:ジョン・カンダー。マヌエル・プイグの同名の小説に基づく。1993年に第47回トニー賞(ミュージカル作品賞)を受賞。

蜘蛛女のキス

1985年製作のアメリカ・ブラジル合作映画。原題《Kiss of the Spider Woman》。マヌエル・プイグの同名小説の映画化。監督:ヘクトール・バベンコ、出演:ウィリアム・ハート、ラウル・ジュリア、ソニア・ブラガほか。第58回米国アカデミー賞作品賞ノミネート。同主演男優賞受賞(ウィリアム・ハート)。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

蜘蛛女のキスの関連キーワードロバート・アラン アッカーマンバネッサ ウィリアムスJKim(金志賢)ウィリアム ハートラテンアメリカ文学ロブ マーシャルM. プイグ大浦 みずきチャン ヤン山口馬木也大方斐紗子木村公一長内正樹石井一孝朝澄けい鈴木裕美

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蜘蛛女のキスの関連情報