コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蜻蛉・蜻蜓・筋斗 とんぼ

大辞林 第三版の解説

とんぼ【蜻蛉・蜻蜓・筋斗】

トンボ目の昆虫の総称。世界で約6000種が命名されている。熱帯に多く、日本には、約200種がいる。目は大きな複眼で、発達した口器をもつ。胴は細長い棒状で、細長い二対の羽をもつ。幼虫は水中にすみ、ヤゴと呼ばれ、成虫とともに害虫を捕食するので益虫とされる。あきつ。かげろう。とんぼう。だんぶり。 [季] 秋。
多色印刷で、刷り合わせを正確にするため、版面につける見当合わせ用の十字形の印。
(「筋斗」とも書く)「とんぼ返り」に同じ。 → とんぼをきる
とんぼ持ち 」の略。
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone