コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蝉茸・蟬茸 せみたけ

大辞林 第三版の解説

せみたけ【蝉茸・蟬茸】

子囊菌しのうきん類バッカク菌目のきのこ。地下のニイニイゼミの蛹さなぎに寄生し、春から夏、地上に発生する。子実体は頭と茎から成り、地上部の高さ約5センチメートル。頭部はややふくらみ黄褐色の無数の胞子を生じる。茎は白色。冬虫夏草とうちゆうかそうの一種。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

蝉茸・蟬茸の関連キーワードニイニイゼミ冬虫夏草黄褐色子実体胞子地上

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android