コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蝋型・蠟型 ろうがた

大辞林 第三版の解説

ろうがた【蝋型・蠟型】

鋳造技法の一。蜜蠟みつろうと松やになどを混ぜたものを中子なかごの表面にかぶせて原型を作り、土と粘土汁を混ぜたものを塗りかけて乾かし、熱を加えて蠟を除き、できた型と中子の間に溶銅を流し込む。日本では古代の小金銅仏に主に用いられた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

蝋型・蠟型の関連キーワード小金銅仏中子

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android