蝌蚪・科斗(読み)かと

精選版 日本国語大辞典の解説

か‐と クヮ‥【蝌蚪・科斗】

〘名〙
① 「おたまじゃくし(御玉杓子)」の異名。かとう。《季・春》 〔薬品手引草(1778)〕
※凍港(1932)〈山口誓子〉「蝌蚪生(あ)れて畝火の溝におよぐなり」 〔荘子‐秋水〕
② 中国の古体篆字(てんじ)の称。筆紙がまだ行なわれないで、竹簡に漆で文字を書いたため、粘って文字の線の最初が大きく、末が細く、その形がおたまじゃくしに似ていたところからいう。蝌蚪文字(かともんじ)
※三代実録‐貞観元年(859)四月二八日「詔曰、書称科斗懋遷之訓斯彰 簡号韋編」 〔後漢書‐廬植伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android