コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蟒草・蠎草 うわばみそう

大辞林 第三版の解説

うわばみそう【蟒草・蠎草】

イラクサ科の多年草。山中の日陰の湿った斜面などに生える。茎は高さ30~50センチメートルで多肉質。葉は歪卵形で左右二列に互生。雌雄異株。花は五、六月、葉腋に球状につく。若苗は食用。ミズナ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

蟒草・蠎草の関連キーワードイラクサ科雌雄異株多年草ミズナ山中斜面食用日陰互生若苗葉腋球状

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android