蟹工船(読み)かにこうせん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蟹工船(母船式カニ漁業の母船)
かにこうせん

母船式カニ漁業の中核となる母船をいい、船内に缶詰製造の工場を備えていることから工船とよばれていた。カニ缶詰は1881年(明治14)ごろから北海道周辺および千島列島を根拠地として、陸上工場で製造されていたが、しだいに資源の減少が目だち、漁場の拡大に迫られた。このような状況にあるとき、農林省水産講習所練習船雲鷹(うんよう)丸が1914年(大正3)、カムチャツカ西岸沖合い公海で、漁獲したタラバガニを原料として缶詰製造を試みたが、カニ肉を清水で洗浄する製造法であり、清水所有量によって漁場滞在期間が左右され、長期間の操業に問題があった。しかし、1920年に富山県の実習船呉羽(くれは)丸は同海域において、海水使用による缶詰製造を行った結果、カニ肉のしまり、鮮度、色沢、脂肪付着などの点で、清水を使用したものよりも品質優良であることを実証した。これに刺激され、翌年函館(はこだて)の和島貞二(わじまていじ)は、汽船喜多(きた)丸(389トン)および帆船喜久(きく)丸(300トン)を母船として、沿海州およびオホーツク海の公海漁場で操業した。これが事業化された日本の母船式漁業の発祥である。その後、着業者が激増し、1928年(昭和3)にはカムチャツカ西岸沖合いの工船は18隻を数え、33万箱に達するカニ缶詰を製造した。1932年にはカムチャツカ東岸沖、ベーリング海にも漁場が拡大され、母船式カニ漁業の最盛期を迎えた。しかし、1933年以降、乱立する企業の合同、生産制限の必要性、カニ資源の維持、ほかの北洋漁業との紛争防止の観点から、農林省は1934年に新たに母船式漁業取締規則を制定したため、船団数は半減した。第二次世界大戦まで、毎年4~8隻の母船が出漁し、15~20万箱の生産が維持された。1941年の戦争勃発(ぼっぱつ)から中断されたが、1953年(昭和28)にベーリング海ブリストル湾へ、共同経営による1船団が出漁し、1955年カムチャツカ西岸沖合いに2船団、翌年にはオリュートル沖合いにも1船団の出漁をみた。
 工船漁業初期には200~300トン程度の帆船あるいは汽船を母船としたが、近代化された母船は8000~1万トンの大型船が大部分となった。カニ缶詰製造の設備一式を備え、8~10隻の漁艇(川崎船という)を搭載し、2、3隻の独航船と、船団必需品の補給と製品運搬を行う仲積(なかづみ)船(運搬船)で1船団を編成する。独航船(60~80トン、200~300馬力)は、母船より先に漁場に到着し、母船に漁場選定に必要な情報を伝え、指示に従って投網する。漁場では主として投網作業と漁場探索にあたる。カニ漁具として底刺網を用いるが、網の1反の長さ約42メートルのもの210反を連ねて1配(はえ)とし、1日に通常2600反前後を投網し、常時1~2万反が海中に敷設されているようにする。搭載漁艇(10トン、50馬力)は、早朝海上に降ろされて揚網作業にあたり、カニを満載すれば母船に帰投し、漁獲物と揚網された網を母船に渡し、繁忙期には夕刻までこの作業を繰り返したのち母船に収納される。母船の甲板にあげられたカニは、脱甲、煮熟(しゃじゅく)、冷却のうえ截割(せっかつ)、肉詰め、秤量(ひょうりょう)、巻締め、加熱殺菌、打検の缶詰工程を経て箱詰にされ製品となる。仲積船(2000トン内外)は、往航には補充漁具、缶詰空缶、漁業諸資材、燃料、清水、食料などの補給品を、復航には缶詰製品を積載して根拠地に帰る。カニ漁業の漁期は、出漁する漁場によって若干の差はあるが、カニの産卵・索餌(さくじ)による接岸(入りガニ)、離岸(出ガニ)に対応し、だいたい4~10月の間であるが、年によって初漁期に海氷に災いされることがある。カニは魚類と異なり特異な形態をしているため、缶詰製造の過程では手作業による部分がきわめて多く、母船の人員構成は、船団長、事業幹部、漁労作業員、工場作業員、船長以下の乗組員ら合計400人以上にもなるのが特徴である。創業の初期、人海戦術的な方法で達成しようとしたため、作業員への労働強化となり、しばしば労働争議が起こった。1926年(大正15)の「工船博愛(はくあい)丸事件」は、その代表的なものとして残虐な作業員酷使の実態が新聞で報道された。小説『蟹工船』は、この事件をモデルとして小林多喜二(たきじ)の発表したものであり、プロレタリア文学の傑作として広く海外にも知らされた。
 タラバガニ漁場は、アメリカおよびソ連(現、ロシア連邦)領の大陸棚であり、資源維持について、日本と両国間のカニ協定が結ばれ、漁場、漁期、操業規模、漁具漁法、漁獲量などに厳しい規制を受け、生産は年々減少傾向をたどった。主対象であったタラバガニ資源に対する禁漁措置がとられ、ズワイガニ、アブラガニ、イバラガニなどに関する漁業協定が新たに定められ、従来の大型母船式漁業はしだいにその編成の変化を余儀なくされ、1973年(昭和48)以降は独航方式のカニ漁業へ転換されたため、往時の蟹工船は姿を消した。[三島清吉]
『齋藤市郎著『遠洋漁業』(1960・恒星社厚生閣) ▽葛城忠雄著『母船式工船漁業』(1965・成山堂) ▽岡本信男著『近代漁業発達史』(1965・水産社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

八村塁

プロバスケットボール選手。ポジションはパワーフォワード、スモールフォワード。身長203センチメートル、体重104キログラム。アフリカ・ベナン共和国出身の父と日本人の母をもつ。1998年2月8日、富山県...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蟹工船の関連情報