コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蠣崎波響・蛎崎波響 かきざきはきょう

大辞林 第三版の解説

かきざきはきょう【蠣崎波響・蛎崎波響】

1764~1826) 江戸後期の画家・詩人。松前藩家老。藩主松前資広の五男。名は広年、波響は号。若くして写実装飾的な肖像画の傑作「夷酋列像」を描き、六如や菅茶山らと交遊して漢詩をよくした。著「梅痩柳眠村舎詩稿」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

蠣崎波響・蛎崎波響の関連キーワードハウフボルテールバーラクザイ朝ハウフレザノフ鈴木源之丞鈴木春信レザーノフ明和リード

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android