コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衆院選挙区画定審議会(区割り審)

1件 の用語解説(衆院選挙区画定審議会(区割り審)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

衆院選挙区画定審議会(区割り審)

1994年に小選挙区比例代表並立制の導入が決まったことに伴い、小選挙区の区割りを首相に勧告するため総理府(現・内閣府)に設けられた。7人の有識者で構成。政府は勧告を踏まえ、国会に区割りを変更するための公職選挙法改正案を提出する。94年に全300選挙区の区割りを勧告し、2001年には国勢調査に基づいて一票の格差を縮小する見直し案をつくった。いずれも勧告通りに区割りが行われている。

(2013-03-29 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

衆院選挙区画定審議会(区割り審)の関連キーワードトム ハンクスシャ乱Q記者クラブ拡散角閃石黒雲母花崗岩あさりど川本成田中稔木村小百合稲森いずみ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone