コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行き掛かる・行き掛る ゆきかかる

大辞林 第三版の解説

ゆきかかる【行き掛かる・行き掛る】

( 動五[四] )
その場から他の場所へ移動し始める。いきかかる。 「向こうへ-・った人を呼びとめる」
事が進展し始める。いきかかる。 「うまく-・っていたのに、じゃまが入った」
移動する際に、ある場所を過ぎようとする。さしかかる。 「瀬多の橋の本、-・るほどにぞ、ほのぼのとあけゆく/蜻蛉
出かけて行って関係する。 「うけひかざらむものゆゑ、-・りて空しうかへらむ後手うしろでも、をこなるべし/源氏 須磨

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android