行き着く・行着く(読み)いきつく

大辞林 第三版の解説

いきつく【行き着く・行着く】

( 動五[四] )
ゆきつく」に同じ。 「目的地に-・く」
[可能] いきつける

ゆきつく【行き着く・行着く】

( 動五[四] )
長い道のりをへて目的の土地に達する。いきつく。 「やっと家に-・く」
いろいろな状況をへて最後の状態になる。いきつく。 「 - ・くところは知れている」
すっかり愛情のとりこになる。ほれこんでしまう。いきつく。 「かの男に-・いて毎日百通二百通/浄瑠璃・嫗山姥」
財産をすっかり使い果たす。いきつく。 「これではよつぽど-・きさうなものと思ひのほか、なみはづれて大金を使ふゆゑ/黄表紙・金生木」
一面に付着する。 「白き物-・かぬ所は/枕草子 3
[可能] ゆきつける

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android